2010年4月18日日曜日

もう一度吉野山へ

花見だけではない吉野山へ、もう一度行こう!
病み上がりだったが、ANT☆RESは軽快に走った。残念なのはあまりにも人が多すぎたこと。
如意輪寺から一気に奥千本に登るべきだった。

高取町あたりから既にれんげ畑が、ぽつぽつと顔を出し始めていた。
 壷坂寺を越え、R169へ無謀にも行ってしまった。
トンネルには、歩道こそなかったが、2車線の一方通行だから良かったものの、無灯火でそのまま行ってしまった。(下調べ不十分な結果)
 そしてかろうじて道の駅へ(絶対にまねしないでください)
反対に心配していた吉野川沿いのR169は、意外にも走り安かった。
 橋を渡り、ようやく吉野山登り口へ。さすがに太い杉の丸太がところせましと並べられていた。このときは、あまり考えもしなかったのだが、2ヶ月早ければおそらく花粉症である私には自殺行為だった。
 ここまではほとんど歩くはめに。葉桜しかなかったのにあまりにも人が多かった。
 右に行けば、上千本。
 この茶屋を過ぎてちょっと行ったところに奥千本行きのバス停が。しかし車も人も長蛇の列となっていた。ランチは吉野葛と草もちを食べた。茶屋の奥さんの話では、奥千本ももう満開を通り過ぎていたようたようだ。気を取り直して、如意輪寺の方へと帰路をとった。
 中千本を反対側から臨む。
 如意輪寺にある後醍醐天皇の墓。
 帰りは、大淀を通り過ぎ下市から御所まわりで。地図がなかったが、アバウトにここまで辿り着くことができた。葛城山に近いこの地ではすでにつつじが綺麗に咲いていた(御所小学校前)。
葛城山のつつじも有名だが、自転車では無理。ANT☆RESは素直にあきらめた・・・・。
病み上がりもあり、さすがにこの辺からANT☆RESのペダルは結構重くなっていった。
でも上出来だ。100Kmにあと2Km足らなかったが、到着PM3時という目標には届いたようだ。
 休憩を除いて、平均約20Km/時というスローペースだった。残念!

2010年4月10日土曜日

いまだにへたれ

ANT☆RESオーナーはいまだにへたれです。藪医者なのに、またしても頼った自分が悪いのか?
やはり、どうしても会社へ行くと無理しちゃうんですね。休めば良いのに。でも新部署での2週間ぐらいは肝心やから、なかなかおいそれとは休めんもんやしね。
まあANT☆RESにとっては長い休暇になるけれど、直ったら大台も吉野もまっとるしね。
ゆっくり骨休めしといてや!
へたれオーナーは、現在風邪がきつくなって気管支喘息に近いような状態です。
元々、女房(保育士)が某保育園で培養されている恐ろしい風邪をもらって散々こじらしたあげくオヤジに感染させたどうしようもない風邪です。
去年も同じだったので、来年はその保育園をやめてもらうことにした!
こっちの命がいくつあってももはや足りない。