2010年3月29日月曜日

ANT☆RESは上機嫌

見事なへたれスタートを切ったオーナーとANT☆RESだったが、太安万侶の墓の前で上機嫌。
ANT☆RESは往路ではダウンヒルもあり、完全にこの史跡を見過ごしてしまった。というわけで復路では必ず見つけてと思っていた。しかし、看板もなく、怪しい石碑(字が読めない)の前であっちへチョロこっちへチョロとしていたとき、背後で同様にお嬢さんが地図を見ながらちょろちょろと。全く人も牛も通らぬ
田舎道の道端で、二人だけで結構滑稽なシチュエーション。「例の墓を探しているんですか?」の問いに
「そうなんですが、茶畑の中にあるらしいんです。」ということで前方の坂道をさらに登って探しに行く。
確かに登りでもカーブ付近にあるので見過ごしてしまいそうなところに発見!
戻ってお嬢さんに教えてあげた。
それで、茶畑の急斜面をANT☆RESは登りようやく太安万侶の墓へと。
しばし休憩しているとお嬢さんもやってきた。ANT☆RESは、見渡す限り美しい山々と茶畑の中でいつもになく饒舌になった。粋なデジタル一眼レフを持ったハイカー風である彼女は、元々文京が実家で、奈良へ転勤して2年目とのこと。夏には帰るので、気なっていたこの墓の写真もGETしに来たそうだ。奈良からバスで直ぐに来れたらしいが、彼女以外ハイカーはいない。そしてANT☆RES以外のロードバイクも。静かで美しい茶畑の中で話しは随分とはずみ、往路の白豪寺の話もするとなんと彼女の住まいが白豪寺だとか。なんという不思議な出会いだろう。しかも墓の前で。
彼女も少し驚いていたのは、私が文京オフィスにもいたことであろう。
太安万侶の墓がなぜこんなところに見つかったか?手で掘ったからだそうです。
そして白豪寺は、寒椿と萩が綺麗な話も。それで、彼女に薦められるままに向かうことにした。あと1時間ぐらいは、ここでまったりとしていたかったANT☆RESであったが・・・。
白豪寺までのダウンヒルは見事で、向かい風がなければ60Km近くは出ていたであろう。車も少ないしのぼりも下りもお薦めだ。なにより不思議な出会いをもたらしたへたれスタートに感謝!
往路で入らないと決めた以上復路でも入らないのが常だが、400円払って入った価値は十分にあった。
 見過ごしてしまう入り口

 暗峠を思い出しそうな急斜面


 白豪寺のお嬢さん

 奈良らしいお寺、秋には萩が両側に

五色椿

 若草山と同じように奈良市内を一望の下に

                   五色はわからなかった。斑入りのも含める?

2010年3月21日日曜日

VECCHIOとのTR第2弾;嵐山から鴨川へ



VECCHIOはたった2回目にして嵐山まで完走。タフなオーナー+タフなボディだからこそ走行80Kmをものともしなかった。しかも、輪行まで成功裡に。素晴らしいの一言に尽きる。
待ち合わせ場所は、大阪城に対して法隆寺だから、ピンポイントで淀川サイクリングロードの関西医科大学病院裏手(枚方)しかなかった。見事なほどに時間も合った。そしてANT☆RESと淀川上流(八幡)まで、下流とは違うバードウォッチングができる美しい木々に囲まれた道幅7m近くのサイクリングロードを満喫した。対岸に見える大山崎のサントリーを見てホッとし、一気に木津川、桂川、宇治川の合流地点へと。 かわきた自然公園手前はロードバイカー達の出会い地点にもなっている。

2010年3月14日日曜日

ANT☆RESはVECCHIOに出会った



 
毛馬こうもんにてANT☆RESはVECCHIOに出会った。ANT☆RESにとって初めての出来事だ。 
しかしよりによってこうもんの前で会うとは思わなかったANT☆RESであった。 VECCHIOとは今後もそういう付き合い?なのか!?  VECCHIOさんに悪いのでこれ以上おちゃらけるのは止めにしてANT☆RESはこの日、いつもになく少しの緊張と少しの心地よさをその稟としたボディに受け止めていた。

2010年3月7日日曜日

今週もスタンバッているだけか!

 

先週に引き続き2週連続の悪天候によりANT☆RESはスタンバッたまま 
最近はこちらの方へ移動して鎮座している。
専用の車庫もないので、少し可愛そうだ。
これにまたもう1台追加することになったらどうなるのか、心配だ。 
和室から廊下へと、そしてまた玄関へと移動することになったANT☆RESだ。
市川のマンション(6帖)では ANT☆RESとマウンテンバイクのGIANTが堂々
2台並んでいたのだが。
ちなみにマウンテンバイクは今ガレージの中に移動して息子が乗っている。 
ようやく息子も自転車を大切に扱うようになってくれた。
我が家では、3人男子だが、誰一人としてこのロードバイクに関心を持つもの
がいない。 
おやじとしては、本当に張り合いがないというかなんというか・・・。











2010年3月3日水曜日


ブレーキなし?変速なし?
Posted by Picasa

Y’sロードさんで

今日はお腹が空くのを忘れて見ていました。ANT☆RESもろもろを。実は会社でガッカリすることがあって放心状態になっていたところを救ってくれたのが、ANT☆RESでした。もっとも渓流釣りの達人さんといっしょに行く楽しさで、気も幾分かは紛れました。というか気を紛らわしていないと・・・。
凄い自転車を発見、持ち主の許可を得て撮影しました。

今日はANT☆RESを見に行こう

スイスイ水曜日、ANT☆RESのR208をY'roadさんへもう一度見に行こう!
それで、コルナゴとかの比較をしてみたい。部品ごとに見ていくと良くわかるかも知れない。
今まで部品ひとつひとつにこだわる余裕なんて全くなかったし、ただブランド名にはやたら
弱いということだったけれど。